二種類ある女性ホルモン、更年期でより重要なのは?

ホルモンというのは、人間の体の中に様々な種類があります。甲状腺(こうじょうせん)ホルモン、副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン、成長ホルモンなどが代表です。

女性の更年期を考えたとき、これらのホルモンの中でも最も重要なのが、女性ホルモンです。そして、この女性ホルモンには二種類あります。

女性ホルモンには、次の二種類あります。

  • エストロゲン(卵胞:らんほうホルモン)
  • プロゲステロン(黄体:おうたいホルモン)

エストロゲンは、卵巣から卵が育って排卵が起こるときに出る補正ホルモンです。
プロゲステロンは、卵が卵巣から出て行った後に、黄体という黄色のかたまりから出る女性ホルモンです。

この二つのうち、特に重要なのがエストロゲンです。と言うのも、エストロゲンは女性らしい体つきと、潤いある肌をつくりだすからです。
エストロゲンの不足は、乾燥肌になったり、くすみ、しわ、シミの原因になります。

エストロゲンと女性ホルモンの関係

エストロゲンを調整しているのは、大脳にある視床下部(ししょうかぶ)と下垂体(かすいたい)です。
下垂体では、体内のホルモン量を察知し、卵巣から分泌するホルモン量を調整する指令を出しています。

そしてこの下垂体を支配している視床下部には、自律神経を調整する部分があります。
女性ホルモンが分泌されるリズムが変動すると、近くにある自律神経の調整もその影響を受けるので、バランスが乱れてしまいます。

そのため、更年期障害である「倦怠感」、「頭痛」、「めまい」、「吐き気」、「肩こり」、「動悸」、「のぼせ」が起こるのです。

つまり、女性ホルモンの分泌が乱れると自律神経失調症が起こりやすくなるのです。
これは逆も同様です。自律神経が乱れると、女性ホルモンの分泌も乱れやすくなってしまいます。

エストロゲンと他の更年期障害の関係

更年期になってエストロゲンが減ると、様々な生活習慣病が発生しやすくなります。その一例を挙げてみましょう。

  • 骨粗しょう症
  • 動脈硬化
  • 生殖器の萎縮
  • 子宮体がん
  • 乳がん
  • 高脂血症
  • 脳梗塞
  • 脳出血
  • 狭心症
  • 心筋梗塞

骨からカルシウムが減らないように働いてくれたり、コレステロールを下げてくれていたのがエストロゲン。更年期になるとその量が減るので、このような心臓系や血管系、心疾患などの生活習慣病になりやすくなるのです。