女性ホルモンの減少が老化をまねく

女性ホルモンは卵巣から出て、血液の中を巡っています。
乳房を大きくするなどに働いていますが、一番は何と言っても子宮の中で、赤ちゃんを育てる子宮内膜を厚くすることです。この子宮内膜は、毎月はがれ落ちて、生理の出血となって体の外に出されます。

女性ホルモンは他にも及んでいる

以前は乳房や子宮だけに働くと思われていた女性ホルモンですが、最近の研究では、他の場所でも働いていることが分かっています。
例えば、血管の壁、腸の壁、筋肉、関節、脳の中。

このように、女性ホルモンは人間の美容と健康に深く関わっているので、その量が減る更年期に入ると、体がガクッと老化しはじめるのです。

つまり更年期の初期のスタート時期であるプレ更年期は、老化の始まりでもあるのです。